一般社団法人日本研究皮膚科学会

English

JSIDきさらぎ塾

JSIDサマースクールあおば塾

JSIDきさらぎ塾 開催案内

「第8回きさらぎ塾 ―研究と臨床のsynergismを楽しもう!―」のお知らせ

 日本研究皮膚科学会(JSID)は2010年より、全国より熱意ある有望な若手研究者を対象として、皮膚科学研究者養成のためのセミナー「JSIDきさらぎ塾(JSID Young Academician-Fostering Seminar)」を開塾しました。「きさらぎ」は「如月」です。2月に開催されることから名付けられました。

 近年、臨床研修システムの変化に伴い、全科的に研究指向の医師が少なくなっていることが憂慮されています。しかし、臨床を行うにしても研究マインドが重要であることは論を待ちません。研究成就は究極的な思考を要求し、個々人の臨床のみならず全人的な資質・能力をも伸ばしますし、自然と国際的な活動にも発展します。

 皮膚科学研究を行うに際して、必要な技術、知識、交流、情報が、個々の大学内では必ずしも容易に得られないという状況もあります。こうした状況を改善するために、若手を対象とした、教育的な、熱い討論を伴った、人的交流のある、集中的な合宿形式のセミナーがひとつの解決策を提供すると考えられます。

 JSIDでは若手のためのセミナーの実現を、中堅研究者から成る若手セミナー委員会を中心に模索し、2010年2月に第1回「きさらぎ塾」を開催しました。将来の日本の皮膚科学研究の発展のための最も重要な課題の一つとしての、若手皮膚科学研究者育成に向かって一歩を踏み出すことができたと考えています。若手セミナー委員会委員は、JSID理事会を通じ、全国から現在アクティブに研究し既に優れた業績を挙げている中堅皮膚科医を選んでいます。「きさらぎ塾」に向けて、テューターも一生懸命準備に励んでいます。

 この「きさらぎ塾」は若手の皆さんに、「活性化」して「育成」する場を提供しています。つまり参加する本人も、それを教育するテューター(JSID若手セミナー委員会委員)も活性・育成にむけて取り組んでおります。また研究活動を行うには国際性も必要であり、留学、国際学会での発表などの機会もあります。和気あいあいと交流を深めるのは「きさらぎ塾」の基調であり、これを機会に交友関係を築いていくことは可能です。

 きさらぎ塾の成功を受けて、ESDRにおいても同様の若手研究者向けのセミナーが開催されています。さらに2013年度のIIDではESDRとSIDと合同で同様のセミナーが開催され、JSIDを始め、多くの参加者が活発に意見を交換しました。

 参加いただく若手の研究者は、1大学1人、40歳未満または卒後10年以内、教授でないこととし、所属大学の教授にご推薦いただくことを基本としています。すでに何らかの研究をある程度始めている方、あるいは国内、海外留学をすまされている方などがより充実した時間を送れるかもしれません。今年度の定員は30名ですので、応募人数を超えた場合には、書類選考させていただきますことをあらかじめご了解ください。

 「きさらぎ塾」を契機に、参加者がさらに輝きを増し、そしてJSIDが発展していくことが、「きさらぎ塾」の目的とするところです。本塾3日間に最も素晴らしい活躍をみせた方を対象に「JSIDきさらぎ賞」が設けられています。今回の受賞者は、2017年に開催される日本研究皮膚科学会 第42回年次学術大会・総会や2017年に開催されるESDRで発表してもらう予定になっています。

 2月の沖縄の空のもと、よき友と出会い、よき師と出会い、そしてよき将来を予感し、昨日と全く違う風景が見えることでしょう。ぜひ多くの方がきさらぎ塾に応募されることを願っています。

理事長 佐藤伸一 
事務総長 森田明理
若手セミナー委員会
 氏家英之、久保亮治、神人正寿、髙橋勇人、山中恵一、渡辺 玲

このページの先頭へ