一般社団法人日本研究皮膚科学会

English

学会賞

谷奥喜平記念講演

 日本研究皮膚科学会の創設に努力された故 谷奥喜平岡山大学教授にちなみ、岡山大学皮膚科同門会を中心とした寄付金により設立されました。
 毎年、皮膚科学または皮膚科学と密接に関係した研究領域において優れた業績をあげた国内・国外の研究者による講演を行っています。

講演者

1995年 Norbert Fusenig(German Cancer Reserch Center/DKFZ)
1996年 Elaine Fuchs(Howard Hughes Medical Inst.)
1997年 Stuart Yuspa(National Cancer Inst., NIH)
1998年 Tung-Tien Sun(New York Univ. School of Medicine)
1999年 James Cleaver
2000年 John Stanley(Univ. of Pennsylvania)
2001年 Fiona Mary Watt(Imperial Cancer Res. Fund)
2002年 Thomas Luger(Univ. of Münster)
2003年 Dennis Roop(Baylor College of Medicine)
2004年 Vincent J. Hearing(National Cancer Inst., NIH)
2005年 Richard A. Spritz(Univ. of Colorado Health Sciences Center)
2006年 Kathleen J. Green(Northwestern Univ. Feinberg School of Medicine)
2007年 Stephen J. Galli(Stanford University School of Medicine)
2008年 Paul Khavari(Stanford University School of Medicine)
2009年 George Cotsarelis(University of Pennsylvania School of Medicine)
2010年 W. H. Irwin McLean(University of Dundee)
2011年 Ralf Paus(University of Luebeck)
2012年 John A. McGrath(King's College London)
2013年 Mark C. Udey(National Cancer Institute, NIH)
2014年 Angela Maria Christiano(Columbia University)
2015年 Thomas S. Kupper(Harvard Institutes of Medicine)
2016年 Alexander H. Enk(University of Heidelberg)
このページの先頭へ