一般社団法人日本研究皮膚科学会

English

学会賞

JSID賞

 日本研究皮膚科学会では若手研究者のモチベーションをさらに高めるため、日本研究皮膚科学会賞(JSID賞)を設けております。今回は、International Investigative Dermatology 2018 (IID 2018) 開催に伴い、2017年と2018年の受賞者を同時に選出致します。

条件(資格)

 最近5年間のわが国における研究業績の最も優秀な者で、以下の条件を満たす者とする。

  1. 日本研究皮膚科学会会員であること。(5年以上)
  2. JSID賞の選考時点で教授またはこれに準じる者は除く。
  3. 受賞者は日本研究皮膚科学会年次学術大会でプレナリーレクチャーを行うこと。
  4. 50歳未満であること。(平成29年3月31日時点)

応募方法

  1. 理事および理事経験者の推薦
    但し、理事経験者は理事定年60歳までの者。
    理事及び理事経験者は候補者を今回に限り2名まで推薦する。
    (学術委員会はこれとは別に若干名を推薦できる)
  2. 自薦も可能。応募者は平成29年5月26日までに、CVをJSID事務局office2@jsid.orgに提出する。
  3. 候補者は研究業績(論文とJSID学術大会発表リスト)を学術委員会へ提出する。

選考方法

  1. 学術委員会で候補者の業績等を考慮し、候補者の若干名を理事会で推薦する。
  2. 理事会は投票により各年1名の最終候補者を選出する。
  3. 評議員会・総会での承認を得て受賞者を決定する。

歴代受賞者

2000年 天谷 雅行(慶應義塾大学医学部皮膚科学)
2001年 戸倉 新樹(浜松医科大学皮膚科学)
2002年 山本 明美(旭川医科大学皮膚科学)
2003年 佐藤 伸一(東京大学大学院医学系研究科皮膚科学)
2004年 澤村 大輔(弘前大学医学部皮膚科学)
2005年 尹  浩信(熊本大学大学院医学薬学研究部皮膚機能病態学)
2006年 佐野 栄紀(高知大学医学部皮膚機能病態学)
2007年 秋山 真志(名古屋大学大学院医学研究科運動・形態外科学講座皮膚病態学)
2008年 佐山 浩二(愛媛大学医学部皮膚科学教室)
2009年 椛島 健治(京都大学医学部医皮膚科)
2010年 川上 民裕(聖マリアンナ医科大学皮膚科学)
2011年 阿部 理一郎(新潟大学大学院医歯学総合研究科分子細胞医学専攻細胞機能講座 皮膚科学分野)
2012年 神戸 直智(関西医科大学皮膚科学講座)
2013年 藤本  学(筑波大学医学医療系皮膚科)
2014年 川村 龍吉(山梨大学医学部皮膚科学講座)
2015年 菅谷  誠(東京大学大学院医学系研究科皮膚科学)
2016年 浅野 善英(東京大学大学院医学系研究科皮膚科学)
このページの先頭へ