一般社団法人日本研究皮膚科学会

English

学会賞

ESDR/JSID Young Fellow Collegiality Awards

JSIDから選出された受賞者

  1. ESDR年次学術大会において賞状が授与され、正式な学会賞として履歴書に書き加えることができる。
  2. JSIDは、旅費および宿泊費の援助として最大で30万円を授与する。
  3. ESDRは、年次学術大会の参加登録費を免除する。
  4. 受賞者の希望する欧州の大学研究機関等を訪問し研究発表および意見交換の機会が与えられる。

注)受賞者は、帰国後、欧州研究機関訪問の報告書、経理報告書、交通費及び宿泊費の領収書原本をご提出ください。

条件(資格)

  1. JSIDの会員であること
  2. 日本の大学あるいは研究機関、あるいは同等の機関において皮膚科学の研究に従事している若手会員であること。ただし、応募は1教室1名に限る。
  3. 当該年度の4月1日時点で40歳未満であること。
  4. 「教授」は不可とする。
  5. 2017年ESDR学術大会(Salzburg, Austria開催)に合わせて演題(抄録)を提出すること。
    (締め切りは2017年5月31日(水曜日):詳細はESDRホームページを参照:http://www.esdr2017.org/esdr-2017/abstracts
  6. 過去にESDR/JSID Young Fellow Collegiality Awards、SID/JSID Young Fellow Collegiality Awards、Intersociety Collegiality Awardsを受賞された方の応募はご遠慮ください。

受賞者数

毎年最多で3名まで。

応募方法

JSID事務局にE-mailで応募書類を提出する(office2@jsid.org

※件名に必ず「ESDR/JSID Young Fellow Collegiality Awards」と明記して下さい。応募書類を確認の後、事務局より返信があります。

応募締切

2017年6月14日(水曜日)

提出書類

  1. 応募者の略歴(1ページ)。
  2. 欧州で希望する大学教室(あるいは機関)訪問先詳細。
  3. 受賞が決定した場合、訪問を希望する大学教室(あるいは機関)にある研究室のチーフが書いた受入準備があることを示す手紙もしくはE-mail。
  4. ESDR学術大会に提出した演題(抄録)のコピー。
  5. 英語論文業績一覧。
  6. 所属長からの推薦状。(形式自由。但し、所属長の直筆サインが必要。)

※応募書類は全て英語で作成し、1~6を一つのPDFファイルで提出して下さい。ファイル名は応募者の氏名とする事。

審査方法

審査委員会はJSID理事長、事務総長、学術委員長、推薦委員長で構成される。
ESDR学術大会へ提出した演題のスコアを考慮し審査を行う。

結果発表

2017年7月末に受賞者へ通知する。

JSIDおよびESDRは、国際交流の機会を提供することで、若手研究者の育成に研究・経験の両面で有益となることを賞の目的としています。

2016年度受賞者

  • 小野 慧美(大阪大学医学部皮膚科)
    訪問先:University of Lyon(France)
  • 櫻井 謙次(京都大学医学部皮膚科)
    訪問先:University of Zurich(Switzerland)
  • 西田 絵美(名古屋市立大学医学部皮膚科)
    訪問先:IUF - Leibniz Research Institute for Environmental Medicine(Germany)
(五十音順)
このページの先頭へ